みとみらい法律事務所は「時代のニーズに応えられる身近な事務所」として、民事を中心としたリーガルサービスを提供致します

茨城県水戸市南町1丁目3-27水戸ビル2F
TEL:029-221-2675 / FAX:029-224-9185

ホワイトデニムの足下は?

デニムが自分に似合わないことについては気付いていましたが、いわゆるデニムの色(インディゴ)ではないものについてはどうなのか、自分でも久しぶりに試してみたくなりました。デニムが使えないということは、カジュアルな服装がかなり制限されます。暑い日もまだ続いており、爽やかな細身のホワイトデニムはどうかと考えました。
 百貨店内のあるショップへ行くと、背の高い外国人モデルがホワイトデニムを履いている姿がポスターとして飾られています。足下は軽く捲って素足が見える状態、モデルはとてもカッコいいです。
 なんとか自分にあうサイズを探し、あとは裾の長さです。店員さんは「ロールアップされる方も多いです」と、足下捲りを勧めますが、ここはぐっとこらえて裾を切ってもらうことにしました。足の長いモデルさんと自分では、捲ったときの見え方が全く違います。却って野暮ったく見えては行けません。足が短いために捲っているとしか見えないかもしれません。
 かくして夏の終わり(暦はとっくに秋ですが)のホワイトデニムは、それに合わせた布ベルトとスニーカーを伴い、残り短い今シーズンを駆け抜けることとなりました。

その他の記事ARCHIVE

2009.08.25 篠崎 和則
時計>携帯…
2009.02.21 篠崎 和則
3×3…
2009.01.07 篠崎 和則
カフスボタン…
2008.07.31 篠崎 和則
COOL…
  • 弁護士紹介
  • お問合わせ
  • アクセス